Home > 国民個々人の生命と権利

dpMAXバナー

国民個々人の生命と権利

  • Posted by: Mango
  • 2005年7月14日 23:07

国家に対する信頼感と不信感の間で揺れる国民:間接民主主義の盲点を利用されないために。

よくよく考えれば、間接民主主義制の最大の弱点は『議会によって国家の政策判断がなされること』であり、『集団的自衛権を認めてしまえば、国民は国家の戦争決定に如何なる手段を持っても抗えないこと』である。

僕は以下の情報に信憑性はあまりないと思っているが、自民党の安倍晋三次期首相や彼を取り巻くブレーンが平和主義原理を遵守しながら専守防衛に努 められるか、集団的自衛権を回避する形で日本の国を守れるか、国民個々人の浮気の証拠集め生命と権利を同等に尊重しているのかについては確信が持てない。

思考実験として、軍需産業の便宜を図るために有事を意図的に形成することに日米が同意し、日本の地方都市にミサイルを落とし、それを『中国・北朝鮮からの先制攻撃があった』と報道した場合、僕らは冷静にメディア・リテラシーを自分で浮気調査保持できるだろうか?

おそらく、急速にナショナリズムが日本列島を覆って、『日本国民の行方不明者の探し方が奪われたからには、戦争決断やむなし。
キャンバスプリント探偵比較闇金解決キャッシング審査甘いキャッシング審査甘い即日融資給料日までお金が無い

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://photomania.me/cgi/mt/mt-tb.cgi/1261
Listed below are links to weblogs that reference
国民個々人の生命と権利 from photomania.me

Home > 国民個々人の生命と権利

dpMAXバナー

Search
Categories
Recent Entries
Archives
Links
Feeds

Return to page top