採点システム

迅速な判断に欠かせない採点システムを紹介します。
最近では、迅速な判断審査によって即日融資を行うことができる消費者金融が増加しています。
あなたが本当にお金が必要な場合は、数時間以内にお金を借りることができることはとても喜ばしいことだと思います。
でうが一方では、申請書から数分で融資を拒否され借入できなかった場合、そんな短時間で本当に審査したのか?
そそこで、怒りに似た感情が湧き上がるかもしれません。
そこで、迅速な融資審査に欠かせないスコアリングシステムについて詳しく紹介いたします。

 

スコアリングシステムとは
スコアリングシステムは、資金調達が可能かどうかを判断するために、コンピュータによって申請者の属性を評価する仕組みです。
申請者が宣言した情報と信用情報機関から入手した情報を宣言すると、すべての属性が採点され、総合的に評価されるため、合計スコアが高いほど審査の可能性が高くなります。
消費者金融は利息付きのお金を確実に徴収することで利益を上げているので、リスクの高い人には貸し出したくありません。
したがって、申請者の属性を調べ、返済能力がないと考えますが、手作業でそれぞれの見直しに時間がかかります。
そのため、スコアリングシステムを活用して迅速な審査をおこない、利用者のニーズに応えているのです。

 

 

スコアリングに用いられる主な属性と評価
公務員・大企業(高評価)→中小企業(中評価)→自営業・パート・アルバイト(低評価)

 

【年収】
400万円以上(高評価)→200万円以上400万円未満(中程度)→200万円未満(低評価)

 

【サービス期間】
5年以上(高い評価)→1年以上5年未満(中程度の評価)→半年以上1年未満(評価が低い)

 

【レジデンススタイル】
所有者(高評価)→会社・賃貸(中間評価)→公営住宅(低評価)

 

【居住年数】
5年以上(高評価)→3年以上5年未満(中程度評価)→1年以上3年未満(低評価)
【家族構成】
家族が一緒に住んでいる(評価が高い)→既婚家族が分離(中評価)→一人娘と家族が別々(低評価)

 

【連絡先の電話番号】
ホーム&モバイル(高評価)→自宅のみ(中程度)→モバイルのみ(低評価)
【他社の借入の件数】
他の企業の借り入れ(高い評価)→他の1?2社の借り入れ(中程度の評価)→3社以上の他社借入(低評価)

 

消費者金融によって審査結果が違うのはなぜ?
スコアリングシステムによって計算された合計得点が同じであっても、各企業にとって重要なポイントと基準ポイント(境界線)は異なるため、審査の結果に差異が生じます。

 

スコアリングは、あなたの信頼性を表すスコアです。
希望額よりも借りることができない場合でも、あきらめないでください。
今、信頼性をアップグレードするチャンスです!
借りたお金を適切に返済し、実際の結果を蓄積し、豊かな時に返済の準備をしましょう。借り入れの回数を減らしましょう。
そうすればあなたのスコアを確実に高め、キャッシングの審査に通る人になれるでしょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

WEBキャッシング